Menu

仕事探しはその時の状況で

経済的にも貯蓄などがあって余裕のある場合、例えば仕事を退職してしまっても、次の仕事探しに時間をかけてみるのもいいと思います。というよりも、仕事探しには時間をかけるべきだとも思います。仕事が気に入らないと言って、すぐに退職することは可能です。ですが、そんなことをしていては自分がやってみたいと思う仕事が見つかった時に、この人は仕事の続かない人だと判断されかねません。仕事に就いたら、ある程度の期間は勤め上げることが大切になります。仕事を長期間続けていくためには、ついている仕事にやりがい、充実感、を感じられているかどうかという点は、とても重要です。仕事に対して何の思いもなければ、つまらない仕事ということになり、すぐに退職してしまいたくなります。だからこそ、時間をかけるべきだと思います。しかし、もしも、経済的な余裕がない、家族を養っていかなくてはいけない、と言った逼迫した状態で責任がかかっている場合は、そんな悠長なことをしている暇はないと思っています。それどころかなんでもいいから仕事をするべきだと思います。つなぎのための仕事ということです。ですから、正社員の応募とかではなく短期のアルバイトとか派遣とかに就くべきだと思います。もしも、つなぎの仕事であってもその中にやりがいを感じることができたのなら、その仕事で正社員雇用してもらえるのか、などなど道が開ける場合も大いにあり得ます。その時々でゆっくり選べるときと、そうでないときがあり、それは仕方のないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です